본문으로 바로가기 주메뉴 바로가기
Welcome to Gwangju BUK-GU

観光名所

  • 環碧堂 写真
    環碧堂 環碧堂は地方記念物第1号で、光州湖の上流の甑岩川の丘の上に高く位置している。規模は正面3間、側面2間の支柱と合掌屋根からなっている。環碧堂を創建した金允悌(キム・ユンジェ:1501~1572年)はかつて羅州牧使を務めた人物で、字は恭老、号は沙村であり、忠孝里で生まれた。
  • 楓岩亭 写真
    楓岩亭 楓岩亭は光州広域市北区金谷洞金谷村の上にある元暁渓谷の下流に位置する。この東屋は朝鮮王朝の仁祖時代に楓岩・金徳普(キムドクポ:1571~1621年)が以前にあった東屋を1602年(先祖35年)に修造したもので、この近くの他の東屋が村近くにあるのに比べて渓流に沿いのかなり入りくんだ所にあるため、庵のように物寂しい雰囲気が漂う。
  • 酔歌亭 写真
    酔歌亭 酔歌亭は忠孝洞にある光州湖横の山腹に所在し、環碧堂、息影亭、瀟灑園などと調和して古風な情緒をかもし出している。正面1間、側面2間の合掌屋根からなる酔歌亭は1950年の朝鮮動乱当時に焼失したものを金晩植(キム・マンシク)の子孫・金熙駿(キム・ヒジュン)と一門が1955年に復建した。
  • 元暁寺 写真
    元暁寺 光州広域市北区金谷洞無等山にある寺社だ。大韓仏教曹渓宗第21教区の本寺である松広寺の末寺である。寺の周辺には無名の高麗時代の廟塔をはじめ、朝鮮中期の会雲堂浮屠などが点在している
  • 神光寺 写真
    神光寺 神光寺は東区芝山洞の朝鮮大学内にあったが、1991年に現在の位置に移された大韓仏教曹渓宗松広寺の末寺だ。最近では尼僧僧侶の修行所として国家安泰と民心安楽を祈る伝法道場として寺を導いてきた。崔敬柱(チェ・キョンジュ)僧侶が寺の住持を引き受けた後1991年に大雄殿を建て、1992年に大雄殿に仏像と菩薩像を奉安した。
  • 金容鶴家屋 写真
    金容鶴家屋 金容鶴家屋は、住居と東屋が丘の上に調和良く建てられている1900年代初めの民間原林である。建物の配置は東北が低く西南が高い地形を生かし、低地にサランチェ(舎廊棟)と母屋を東西を中心軸として配置した。そして住居空間の左に池と荷隠亭を、その左の背後には蓮坡亭をやはり東向きに配置して自然と調和させた。
  • 詩画文化マウル 写真
    詩画文化マウル 2000年から住民らが直接詩と絵、彫刻などで村を整備し、表札や小さな花壇を作るなど住民が参加して村を装飾した文化村だ。2013年に地域文化ブランド優秀賞に選ばれた。