본문으로 바로가기 주메뉴 바로가기
Welcome to Gwangju BUK-GU

観光名所

  • 国立光州博物館  写真
    国立光州博物館 国立光州博物館は、光州全南地域の伝統文化を広く知らせようと1978年12月6日に開館しました。65,000点余りの所蔵遺物を保存管理し、100回余りの学術調査を通じて伝統文化を研究、70回余りの多様な展示と個別対応型の博物館教育を通じて独自の文化を伝えつつ地域民とともにある文化複合空間です。開館30周年を迎え、2010年9月に展示館を新たに改装し、光州全南の歴史を今に伝えています。先祖が残した価値の高い文化財を通じて長い歴史の息遣いを感じることができる文化根拠地として生まれ変わるよう努めてまいります。
  • 国立光州科学館  写真
    国立光州科学館 光州広域市立民俗博物館は、光州・全南地域の民俗と生活史が一目で見られるよう整備された市立博物館だ。光州民俗博物館の重要な特徴として、最近の地方自治体の博物館建設ブームが起こる前にた建てられた数少ない草創期の公立博物館という点が挙げられる。
  • 市立民俗博物館写真
    市立民俗博物館 光州広域市立民俗博物館は、光州・全南地域の民俗と生活史が一目で見られるよう整備された市立博物館だ。光州民俗博物館の重要な特徴として、最近の地方自治体の博物館建設ブームが起こる前にた建てられた数少ない草創期の公立博物館という点が挙げられる。
  • 光州市立美術館
    光州市立美術館 光州広域市北区雲岩洞にある美術館。地下4階、地上2階、9つの展示室(計847坪)という規模で設立され、1992年8月1日に開館した。地域の美術家らと光州広域市が‘芸郷の自負心’で一致協力して開館した光州市立美術館はこの地域の美術の中心体の役割をなし、1995年に光州ビエンナーレ(biennale)を創設する基盤となった。
  • 南道郷土料理博物館 写真
    南道郷土料理博物館 南道といえば郷土料理と唱、そして昔から伝わる美しい伝統が自慢です。村ごとに伝統料理が並び、途絶えることなくその伝統を固く受け継いでいます。これは忠孝の根本が息づいているためで、世界的にも南道のような故郷は類をみないでしょう。
  • 韓国美容博物館 写真
    韓国美容博物館
    • 韓国固有の伝統美容文化用品(美容道具類、民俗資料など)を展示
    • 上古時代から近代までの伝統髪模型再現作品の製作展示
    • TV、映画などの歴史ドラマで演出される美容文化の観覧客体験空間
    • 光州をはじめ全国の美容学科の学生らの理論と実技の実践学習の場
  • 全南大学博物館 写真
    全南大学博物館 博物館は初代総長・崔相彩(チェ・サンチェ)博士が寄贈した書画・陶磁器など60点余りの遺物を母体に、1957年5月に図書館だった錦湖閣(現在の社会学科建物跡)の1階に開館した。その後1959年1月に、当時法学部として使われていた石造建物(現在の紅島横)に移転し、活発な発掘および地表調査活動と地域から収集した遺物によって空間が飽和状態に達したため、1986年3月から大講堂の4階に分室を設置した。
  • 光州教育大学博物館  写真
    光州教育大学博物館 三国時代から受け継がれる韓国の教育の歴史を多様な資料により一目で見ることができる。1960年代の小学校の教室と寺小屋を再現した空間では、当時の教育の現実を実感を持って体験することができる。