본문으로 바로가기 주메뉴 바로가기
Welcome to Gwangju BUK-GU

光州北区8景

  • 光州-起亜チャンピオンズフィールド 写真01
  • 光州-起亜チャンピオンズフィールド 写真02
光州-起亜チャンピオンズフィールドは、1965年に光州で開かれた第46回全国体育典に備えて建設された後、この地域で大きな体育行事が行われてきた光州無等競技場の場所に位置する。 無等野球場のすぐ隣にあったサッカー場を取り壊して新築し、2014シーズンから起亜タイガースのホーム球場として使われている。 2011年11月に着工し計994億ウォンを投入、地下2階・地上5階の規模で総座席2万2,244席、最大2万7,000人を収容できる。 観衆親和型で設計され、ホームプレートから観覧席までの距離が18.5mと全国の野球場のうちでも最短距離となっており、韓国初の開放型中央通路の導により観覧客がお手洗や売店などの便宜施設を利用しながら競技観覧ができる。 外部広場には1万2,000㎡の敷地にケヤキ、松など22種・4万7,000本余りの木を植えて森を造成した。
観覧客は無等山と森を眺めながら競技を観戦し、木陰で家族とともに休息を取ったり散歩したりできる生態親和的な競技場となっている。 歴史の中に消えた無等競技場は、地域住民に単なる体育施設以上の意味を持つ所だ。1965年から47年余りの間、光州市民はここで喜びと悔しさを歓声で発散し、タイガースが優勝するたびに‘木浦の涙’などを合唱した。 また無等競技場の正門は、5.18民主化運動当時に数多くのタクシー・バスの運転手が結集して全南道庁に向かった所で、5.18関連史跡第18号に指定され、歴史的意味の大きい所でもある。